避妊薬のアンジュは出血量を抑える効果もある

避妊薬の「アンジュ」は、3相性の低用量ピルで、国内で使用数の多い「トリキュラー」と同様の成分を含む薬です。アンジュには、排卵を抑制する作用があるとともに、着床を阻害し、精子の通過も阻害する作用があります。1日1錠を、毎日決まった時刻に服用することで、高い避妊効果が期待できます。アンジュは、体のリズムに合わせて、ホルモンの量が異なる設定となっていますので、薬のパッケージの上側に記載されている順番を確認しながら、間違わずに服用し続けることが大切です。
アンジュには、21日間服用するタイプと、28日間服用するタイプがあります。28日間のタイプのものは、7日分については成分が入っていませんので、21日間のものと内容は変わりがありません。避妊薬は飲み忘れないことが大切なので、28日間のものは、毎日飲む習慣を作りたいと考えている方に向いています。
アンジュは、避妊薬としての効果のほか、月経の出血量の多い方にとっては出血を抑えられるメリットもあります。出血量とあわせて、生理痛が軽くなる効果もあります。月経過多や子宮筋腫などにより、出血量が多い場合にも、治療を目的としてアンジュが処方されることがあります。服用することで出血量を抑えることができるため、貧血も改善することができます。さらに、月経周期が規則正しく整うため、旅行などの計画も立てやすくなるメリットがあります。その他、月経前症候群でイライラしたり気分の落ち込みが大きい場合などにも、症状を緩和する効果があります。婦人科でつらい症状がある場合にも、低用量ピルで改善されることがありますので、お悩みの場合には、婦人科の専門医に相談してみてはいかがでしょう。

ページトップへ