女性ホルモンの含まれる避妊薬は保険適用できる?

一般的に避妊薬としての認知が高いピルは、望まない妊娠をしないための女性側が服用する避妊薬ですが、それ以外にも女性特有の様々な体の不調を整えるなどの効果が期待できることをご存知でしょうか。

ピルには、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれているため、避妊以外にも服用することでホルモンバランスを整えるため、女性ホルモンのバランスが崩れることで起こるPMSや月経困難症、子宮内膜症などの改善にもつながります。

また、継続して長期間飲み続けることで、子宮体がんや卵巣がんの発生率を軽減する効果もあります。

ただ、避妊薬としてのピルは飽くまで避妊目的であるため、保険の適用は効かないので、定期的に飲み続けることを考えると出費がかさむのがデメリットです。

病院にもよりますが、初診料を含めると薬代を含めて8000円ほどかかり、毎日飲まなければいけないことから費用の面で言うと大きな負担になります。

避妊目的でピルを処方してもらうのであれば、保険の適用はできません。
しかし、月経困難症や子宮内膜症で悩んでいる場合、病気という診断がつくのであれば保険の適用ができることもあります。

ピルと一口に言っても様々な種類が存在するのと、保険適用ができるピルとそうではないピルもあるので注意が必要です。
そして、中には超低用量なため生理痛の軽減は出来ても避妊効果が期待できないこともあるので、そのことについては婦人科でしっかり説明を受けて確認しておきましょう。

女性ホルモンは、女性が生活する上でとても大切なものです。
保険適用ができるといっても毎月の出費は痛いですが、つらい生理痛やPMSで毎月悩み続けるより、快適な生活を送るのに必要な出費だと考えて、ピルを利用しながら乗り切っていきましょう。

ページトップへ